正しい求人の探し方|タクシー運転手の求人が熱い!自分の時間を確保しながら働く方法

タクシー運転手で稼ぐには?~固定給制度の求人なら安心~

正しい求人の探し方

運転手

今、タクシー運転手が選ばれる理由とは

一昔前まで、タクシー運転手というと激務で薄給というイメージがありました。しかし最近ではタクシー運転手は人気の職業となり、求人が出ると幅広い年代からの応募があります。タクシー運転手が選ばれる理由のひとつが、がんばればがんばるほど収入に反映されるということ。法人タクシーの運転手の場合、ほとんどの会社で基本給+歩合制の給与体系をとっており、しかも歩合が大半を占めています。会社によって異なりますが、歩率は50%~60%というところです。お客さんをしっかりつかむことのできる運転手は大きく稼ぐことが可能です。タクシー運転手の平均年収は400万円程度と言われていますが、やり方次第で倍近く稼ぐこともは無理ではありません。勤務体系は1日仕事して1日休むスタイルが最も多く、そこに公休が入りますので、月の休日が17日程度になります。自由な時間を多く持つことができるのもタクシー運転手が選ばれる理由です。

求人情報を集めるにはどういった手段が有効か

自分に合ったタクシー会社を見つけるためには、たくさんの求人情報を得ることが大切です。求人媒体には、ハローワークや情報誌、折り込みチラシといったさまざまなものがありますが、効率よく情報収集したいならタクシー運転手に特化した就職・転職支援サイトを活用するのがおすすめです。求人サイトによってサービス内容はさまざまに異なりますが、単に勤務希望条件にあわせて検索して求人情報を閲覧するというだけでなく、専任のコンサルタントがつくところもあります。コンサルタントは履歴書の書き方や面接の受け方をアドバイスしてくれたり、面接の際タクシー会社まで同行してくれるところもあります。また、サイトはひとつに絞らず、複数に登録するといいでしょう。

ご自身に合った会社を選択しよう!

タクシー会社は数多く、会社によって特徴は異なります。自分に合った会社を選ぶには、自分が何を仕事に求めているかを明確にすることが大切です。とにかく稼ぎたいという場合は、給与にしめる歩合給の割合が高いところを選ぶといいでしょう。安定した収入がほしい場合、完全固定給制や固定給の割合が高めのところが選択肢となるでしょう。足切りといって、ノルマが達成できないと歩率をさげる会社も多いので、安定収入を望むなら足切りのないところを選ぶことも大切です。また研修制度が充実しているか、福利厚生はどうか、万が一事故を起こしてしまった時の補償制度はどうなっているかも確認し、それぞれの条件に自分がどこまで求めるかを明確にして、譲れる条件、特にこだわらない条件を明確にしていくといいでしょう。

広告募集中