採用に有利な条件|タクシー運転手の求人が熱い!自分の時間を確保しながら働く方法

タクシー会社は普通自動車免許があればOK!二種免許は入社後取得

他業種からの転職だと難しい?転職の条件を確認しよう

タクシー運転手になるためのハードルは、普通自動車免許を持っているなら低くなります。一種免許を持っていて三年の運転経験があるなら、タクシー会社に就職をしてからでも、二種免許を取得させてもらうことができるからです。

応募したい時にチェック!タクシー会社応募の流れ

まずは応募する求人案件を絞り込む

日本にはいくつものタクシー会社が存在していて、しかもどこの会社も年中求人を出しています。ですから業界入りするにしても、まずはどの会社に応募するか絞り込むところから始めなければいけません。

タクシー会社でも履歴書は必須

かなり自由な働き方が認められているタクシー会社ですが、応募の際にはもちろん履歴書が必要になります。完璧な履歴書を用意すると、採用確率がアップするので気を抜かないようにしましょう。

接客業なので面接は重要視される

応募が受理されれば、面接に挑むことになります。タクシー運転手は常にお客さんと接する仕事ですから、人当たりの良さや清潔な見た目、コミュニケーション能力は重要視されます。

入社してから二種免許を取る人もいる

応募する前に二種免許を取得するのが基本ではありますが、タクシー会社に入ってから二種免許を取得する人もいます。会社によっては、免許取得のための費用を負担してくれることもあるからですね。

入社が認められれば研修が始まる

面接を通過することができたと言っても、すぐに公道に出てお客さんを乗せることができるわけではありません。接客や運転についての研修が待っていて、そこで合格点を貰えないと営業を開始することはできないのです。

採用に有利な条件

ミニカー

タクシー会社の勤務体系はどのようになっているのか?

タクシードライバーは、主に三つの勤務形態の中から好きなものを選ぶケースが多いです。まず、普通の会社員のように昼間働く「昼日勤」と、その逆の「夜日勤」があります。さらに、昼夜を合わせて合計20時間ほど働き、翌日は休むというのを繰り返す「隔日勤務」もあります。

給料の相場も気になるポイント

タクシー運転手の平均年収は、およそ300万円です。しかも毎年300万円前後で推移しています。年度によって大きな変化はないのですね。つまり、決して高いとは言えませんが安定しているとは言えそうです。固定給は低いですが、それに歩合給が乗るので、人並みの収入になるわけです。

必要な資格は果たしてあるのか

基本的には二種免許があれば、タクシー運転手として活動をしていくことは可能です。他にもあれば便利な資格は色々と考えられますが、どれも必須というわけではありません。余裕があれば取得するぐらいで問題はないでしょう。

地理が分からなくても大丈夫?

東京や大阪の一部地域でタクシー運転手として活躍するには、指定の地理試験に合格する必要があります。ですから、地理が分からないと仕事はできないと考えて問題はありません。ただ、タクシー会社では地理についても教えてもらうことができるので心配いりません。

広告募集中